So-net無料ブログ作成

旬の山菜で贅沢一品

香りゆたかな山菜の代表、天然山ウド。

栽培物の白くアクの少ない物とは違い、ウド特有の味と香りは野生の物ならでは。

生のまま味噌をつけて食べる味わい方、この時期だけのまさに贅沢。

ウドは新芽の部分、太い茎の部分、そして皮の部分と味わいが違い、それぞれにおいしく楽しめるのも、またうれしいところですね。

皮などは香りたかく、シャキシャキ歯ごたえよく、細く切ってきんぴらなどは、酒飲みにとって、感動もの。

新芽は天ぷらにすると、タラの芽にも勝るとも劣らない、おいしさ。

茎の部分などは生食のほかにも、皮つきで、1本グリルや網焼きして、皮を少し焦がし、焼きウドにして、マヨネーズをつけて食べるとまた違った味わいが楽しめます。

定番の酢の物や酢みそあえもすばらしい。

ほたるいかが出始めているので、ぜひウドと酢みそであえで一品食べたいところですね。

ウドの皮の細切りを、オリーブオイルで炒めて塩、胡椒で味を調え、トーストした薄切りのバケットの上に盛り生ハムものせて、カナッペ風にして、白ワインといっしょにパクつくのも、また贅沢なこと。

捨てるところもなく本当にいい食材ですね。

 

天然こごみはくせがなく、いろんな料理に使えそうですね。

変わったところでは、ピクルスにしておくと、あらゆる、口直しや付け合わせに使えて便利ですよ。

ごまあえやサラダなどもおいしいですよね。鯛のカルパッチョに塩ゆでしたこごみと生ウド、木の芽をちらして、いまだけの、贅沢サラダなんていいですね。

それではまた・・・・・・

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★あの「タラの芽」よりも美味しいと言う人も多い【幻の山菜 ハリギリ】(★

 

★幻の山菜!月山筍★

 

★ 山菜と楽しむワイン ★

共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます