So-net無料ブログ作成

アスパラガスの魅力 その2

アスパラガスの料理、食べ方にはたくさんの種類があるでしょう。

シンプルな贅沢料理にこだわる方は、極上の素材を好みの加減に火を通し、おいしい塩でたべるのが
だれもが考えるところでしょうか。湯気の立ち上るアツアツをほおばれば、幸せ気分まちがえなしですね。

加熱法によって、同じ素材も違う表情をみせますので楽しんでみたらいかがでしょうか。

普通には茹でて食べますね。今は歯ごたえを残すように火をいれるのが一般的のようですが20年くらい
まえまでは歯ごたえを残さないくらいやわらかくなるまでフランスでは火を通していたものです。
またそれはそれでおいしいので興味のある方は楽しんでみたらいかがでしょうか。
かんたんに説明しますと1%くらいの塩を加えた熱湯で下茹でしたアスパラガスを鍋にもどし茹で汁少量にバターを加えて紙などでおとしぶたをして極弱火でブレゼ(蒸し煮)してアスパラガスの一番太い部分にナイフの刃先や竹ぐしなどが抵抗感なくスーと入るまで火を入れるだけです。

茹で汁の代わりに野菜のブイヨンにしてヨーロッパの本物の熟成香のある生ハムの切れ端など加えて同じようにブレゼして煮汁をソースにしてしまい、やわらかくふっくらと、とろけるように火を入れた白身魚を食べたらおいしそうですね。アスパラガスが主役ですから魚とアスパラガスをいっしょに口に運びハーモニーを楽しめたら嬉しいですね。

炭火焼やグリル鍋でアスパラガスの表面にしっかり焼き色をつけながら、こちらわ歯ごたえが残るように火を通し極上の塩とオリーブオイルで食べれば言うことなし!
もう少し贅沢しちゃいますとトリュフのスライスを少量のせアスパラガスとトリュフの組み合わせを体感してみてください。まちがえなく幸せ気分になれます。

もうひとつは塩のかわりにキャビアの塩分でアスパラガスを食べてみてわどうですか。
オリーブオイル又はレモンを搾るって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづきはこのつぎに~~~~~









大粒のキャビアオセトラ 程よい塩味が人気。ロシア産キャビア フレッシュ オセトラ100g缶入(蔵)



ロシア産の「ベルーガ」【ポイント10倍】ロシア産 キャビア ベルーガ50g瓶入り(蔵)【あす楽対応_東北】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_関東】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】 【あす楽対応_近畿・関西】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます